Atelier DAKEKO

本当の自分と向き合い、愛するための衣装づくり

デザイナーのひとりごと

着物トモダチ募集CHU!なのです。 11/100

wpid-cymera_20150203_084232.jpg
MY DEAR,

2月に入りましたね〜。今日は節分。すなわち明日は「立春」です。
二十四節気では、今日で冬が終わって、明日から春の始まりです。

私は「着物が大好き」ということを、昨日ブログに書きました。

一応、「普段着を着物にする!」というのが私のユメの一つなのですが、
なかなか実行できず、着物を着るのは、悲しいかな 年に数回…。

やっぱり機会は自分でつくらねば、ということで、まずはブログから^^;

そうだ、着物好きを増やそう♪

ということで、

◆今年は、着物を着る日を せめて去年の倍以上にしようぞ!

◆どうせなら、着物が好きなトモダチを見つけよう!!

◆いやいや、興味はあるけど手を出せない人にも、
 伝授すれば 着物トモダチが増えるではないかっ!!

と、考えてみました。

なんせ、今年は
「これまで実行しようしようと思いながらしていないことを、全部やる企画」
実行中なのです☆

今年中に、何人 着物トモダチを増やすことが出来るかにも、挑戦してみたいと思います。

ということで、着物トモダチになってくださる方、その予備軍の方はぜひご一報を!!
もちろん、男性の着物好きも増やしたいものです。

私が着物をススメる理由、ベスト5

着物って、めんどくさいー、とか、つかれるー、とか、いろいろデメリットに思うこともあると思うのですが、
実はそれを凌駕するメリットだってたくさんあります。

ということで、

着物を着ると、こんなにいいことあるよ、ベスト5

⇒着物のメリット1
似合わない日本人はいない!日本人のDNAが喜ぶから自分に自信がつく!

⇒着物のメリット2
チープでも豪華に見えて意外と経済的!しかも、何年たっても流行遅れにならない☆

⇒着物のメリット3
お姫様扱いされる!いっぱい褒められる!これ、もしかしたら1番のメリットかも?!

⇒着物のメリット4
姿勢がよくなりハラが座る。心までピシっとなるのがとっても心地よい☆

⇒着物のメリット5
カタチはぜーんぶ同じなので、コーディネートは洋服よりもずっと簡単で自由

日常生活にも、着物を装う智慧をひとふり

着物の装いは、日常生活にも意外と取り入れられるんですよ。

例えば、着物は、少し季節を先取りするのが粋です。
(お茶の世界では特に 大事!)

今は、自然界には 色があまりない時期。
なのでそこにやさしい色を少し添えて、春を待つ心を表現するのも素敵ですね。
それは、洋服のコーディネートにだって十分使えますよね。

私は、この季節に着る「梅」の柄の着物がとってもお気に入りです。
季節がすぎないうちに、着る機会を作ろうっと。

今日は節分、冬の最後の日です。

 本日は、春に向かうための邪気を払う「節分」の豆まきですね。

季節を分ける、という意味で節分っていうんですよね。

節分といえば、私は大阪生まれ・大阪育ちなので、子供の頃から 海苔まきをまるごとパクつける、「恵方巻き」が楽しみでしかたなかったんですが、

実はこれ、もともと東京にはない風習だったんですね。
最近はどこのスーパーでも大々的に売られているので、嬉しい限りです。

そういえば、大阪では「丸かぶり」っていう言葉をよく聞いたように思うんですが、
「恵方巻き」とも言ってたんだっけ?

忘れちゃった。ま、いいや。

今日もあなたが幸せでありますように。
DAKEKOより

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Most Viewed Posts