Atelier DAKEKO

本当の自分と向き合い、愛するための衣装づくり

デザイナーのひとりごと

本日は、友人のボビンレースの個展に行って刺激を受けました。 16/100

wpid-wp-1423390533268.jpegMY DEAR,

今日は、友人の小野わこさんのボビンレースの個展「アルレッキーノのひとりごと」に行きました。

実は、ナマで彼女の作品を見るのは初めて。
5年かかって制作したという作品は、本当にすばらしかったです。

写真でみると絵のようですが、なんとこれ、全部レース編みでできていて、意外と大きいんですよ。

10945048_1615212828694305_7458228546426398793_n
アンティークレースは、昔から大好きでしたが、
ボビンレースというものがこんなに手間をかけて作られていたなんて本当に驚きです。

私も、ものを作るのは好きですが、こういうコツコツさはないからなぁ〜
というか、「作品」を創るという覚悟っていうのかな・・私はまだまだ甘いなぁ・・と ちょっと反省。

それは「物」だけじゃないかもしれませんが、
これが自分の作品と言えるものを、もっともっと生み出して行きたい☆という想いにかられました。

帰りには、個展で合流した久しぶりに会う友人たちと美味しいおしゃべり。
頑張っている人には、やっぱり出来るだけ会いにいかなきゃ!と思った有意義な日曜日でした。

個展は11日まで。よかったら立ち寄ってみてください。

***

201502_pic_d_06小野わこ ボビンレース展 
— アルレッキーノのひとり言 —
2月6日(金)~2月11日(水)
1:00a.m.~7:00p.m.(最終日 3:00p.m.まで) 今回はコメディア・デラルテ(仮面を使用したイタリア即興喜劇)から
インスピレーションを得た、12人のアルレッキーノをボビンレースで創作発表。
同じ題材で陶板(磁器絵付け)を制作し、併せて展示。
イタリアビエンナーレ出品作品も含めてご紹介いたします。

http://www.g-concept21.com/exhibition/

今日もあなたが幸せでありますように。
DAKEKOより

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Most Viewed Posts