Atelier DAKEKO

本当の自分と向き合い、愛するための衣装づくり

デザイナーのひとりごと

問題とはQuestion

相手、特に自分にとって大切な人との関係がうまくいかない時、

私たちはたいてい、
「どっちが悪いか」もしくは
「どっちが正しいか」
ということで、結論をつけようとする。

本当は、その二人が一緒にいることで、
それぞれの「課題」が引き出されただけだったりするのに。

相手を愛してなんかいなければ、
さっさと離れてしまうのがカンタンで早い。

そしたら 自分には問題なんか何にもない
って、タカをくくれる。

つまり、相手と一緒にいたいから、
自分の課題と向き合うことができる(向き合わざるを得ない)とも言える。

恋愛が人を育てる、というのはそういうことか。

 

そうして別のパートナーが出来ると、
またその人との関係の中で、課題が持ち上がる。

クリアしていなければ、前と同じ課題の場合もあるし、
全然違うものであるかもしれない。

 

あまりに価値観や波長が同じで、
すごく「合う」相手と巡りあうときもある。
まるで課題なんて出てこない、最高の相性と思うかもしれない。

もちろんそんな時は、感謝して一緒にいればいい。

そのうちあまりに刺激がなくなって、
空気みたいになりすぎることが問題になってくることだってある。

 

私たちは、

成長しつづける。
進化しつづける。

宇宙が広がり続けるように。

だから、課題が生まれるのは、
とっても自然なこと。

結局は、
出てきた時に、逃げずに、その都度向き合うのが

一番楽なんだろうな。

 

「問題と思う心が問題だ」っていう言葉を以前本で読んだ。

たしかにそうだ。

 

あるのは、きっと Question(問い)だけなんだね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Most Viewed Posts